重要!必ずお読みください
3月公演再演における東日本大震災への義援金47567円は、日本赤十字社を通して被災地の方々に届けさせていただきました。ご協力誠にありがとうございました。

立教大学演劇研究会について

立教大学演劇研究会について

【立教大学演劇研究会(通称:立教劇研)】

2007年度新歓用に作成した紹介VTR


我々立教劇研は、立教大学にある3つの公認演劇団体のうち最多メンバー数を誇る演劇団体(2008年現在)です。

活動内容は、6月、11月、3月の年三回の本公演が基本となります。
立教大学ウィリアムズホール内の巨大なスタジオを公演場所として使用しますので、外小屋等では中々体験できない大きな舞台・恵まれた環境で芝居をすることが出来ます。
この本公演の他に、夏には親睦を深める合宿があり、他にも年中随時ワークショップ等を開催してそれぞれ自主的なスキルアップを図っています。

年三回の本公演はそれぞれプロジェクト制となっており、毎公演ごとに参加メンバーを募り、その都度必要な公演参加費を徴収します(それ以外の年間部費徴収等はありません)。なので、予定があったり忙しくて参加出来なさそうな場合は無理をして参加する必要はありません。

更に立教劇研はその豊富な人数から、各公演ごとに役者と各スタッフが独立して専門的に仕事を行う完全分業制を採用しています。
毎公演ごとに違う役職に就いてマルチに活躍するもよし、一貫して同じ役職を続けてその職のプロフェッショナルを目指すもよし。役職ごとに一定の人数制限などはありますが、出来るだけそれぞれのやりたいことが出来る仕組みになっています。(役者だけは毎回オーディションによって選抜されます)

活動の見学や案内、公演の各資料やビデオの貸し出しも受け付けていますので、興味があればいつでもウィリアムズホール5F・劇研部室までお越し下さいませ!(立教大学生のみの募集となっております。)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。